「ガルバリュームカバー工法」のご案内

以前製作されたアスベスト不使用のサイディング材や、ALC板は浸透した水が凍結することで爆裂し、砕けてしまうことが多々あります。破損した箇所の修繕を試みても、以前に使われていた外壁のパターンがないため、外壁全体の修繕に及んでしまいます。ALCも同じく、同様のタイルが存在しないため、やはりタイル全体の交換が必要となります。これらの事から一般的に外壁工事は作業が煩雑になり、作業準備や作業そのものに長期間を必要とし費用が多くかかってしまいます。弊社ではより安価で、より迅速な作業のために新しい方法「ガルバリュームカバー工法」を提案します。


「ガルバリュームカバー工法」とは?

従来の方法で劣化した外壁を修繕する方法は二種類あります。一つ目はサイディング材と外壁を撤去し新たなサイディング材と外壁を貼り付ける方法。二つ目は外壁の上に新たなサイディング材と外壁を上乗せするという方法です。一つ目はサイディング材と外壁を剥がす工程が増えるため費用がかさむ点、二つ目は上乗せするため外壁が厚くなりすぎてしまうという欠点があります。「ガルバリュームカバー工法」は古い外壁の上に「ガルバリューム合板」という特殊素材を直接貼り付けるという方法です。これにより従来の工法の問題点であった費用や外壁が厚くなりすぎてしまう問題点を解消することが出来ます。


「ガルバリュームカバー工法」のメリット

「ガルバリュームカバー工法」で用いられる「ガルバリューム合板」は軽く耐久性・保温性に優れており、従来の外壁よりも長期間メンテナンスを必要としないというメリットがあります。加えて、一枚一枚の合板を重ね合わせることで外壁を構成するため、一部の外壁が破損したとしても修繕が容易に行うことが可能です。また近年ではさまざまな色の合板が増えているため、組み合わせによって独創的な外観を作り出すことが可能です。勿論、外壁に合板を貼り付けるだけなので工期を短く、費用を低く抑えることが出来るの事も大きなメリットだと考えます。

また「ALC板」「サイディング材」それぞれ個別のページがございます。併せてご覧ください。

banner

banner



Copyright(c) 2011 Sample Inc. All Rights Reserved.